● 企業紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 株式会社サニー サイトリンク
株式会社サニーのホームページへリンク
●リンク
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

10
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
| 1 / 2 pages | >>

pen
鉄粉入片面吸着シート

 先日 東京銀座 『 鳩居堂 』 さんで、和紙を買いました。

色とりどりの季節の趣きいっぱいの和紙が沢山販売されてました。

和紙友禅
桃色の『友禅』
和紙友禅
そしてもうひとつ
和紙桜花
『 桜花 』 という柄で
和紙 桜花

さんざん見とれた挙げ句に 2枚をやっと購入して

弊社吸着シート『ピタゾー』の鉄粉入タイプと貼り合せて

こんな風に作ってみました。

和紙でのピタゾー試作

とっても綺麗です。和紙は900弌滷僑娃悪伉度だったかと思いますが、

1枚¥700程度だったです。

玄関などに貼って飾っておいて、ちょっとメモを磁石で止めたりも出来ます。

勿論剥がしても壁は元通り。ちょっとした機能的お飾りに良いと思います。


しかし紙との貼り合せで少し難点も・・・ちょっと紙は湿気など環境でカール

してしまいますね、ラミネートしてしまうと表の風合いが悪くなるし・・・

鉄粉入片面吸着シートは、

→ こちら  http://www.e-oekaki.com/magnetsheet.html

 また試作の報告してみます。

        サニー   西川 

ピタゾー00:00comments(0)trackbacks(0)

pen
吸着フォーム 『ピタゾー』 の応用
 つっぱりパーテーションをネットショップで購入しました。

事務所のちょっとした間仕切りにします。

天井は普通の弱い面

床はタイルカーペットが敷き詰められています。

賃貸でお借りしたお部屋なので、勿論!釘や接着材は使えません!

天井へのつっぱり部品(天井への接地面)には、滑り止めにでしょうか?

傷防止の為でしょうか? 白い発泡のシートがついていました。

しかしこれでは ほとんど滑り止めの効果は有りません。

強くつっぱってしまうと天井が歪んでしまうでしょうし

そうだ!!弊社の『 ピタゾー 』を使おう

つっぱり棒の固定に

こんな風に切って部品に取付けてみました!

勿論床への接地部品にも・・・

吸着シートの応用

これだと天井に無理な大きいちからで突っ張らなくても

大丈夫パーテションもガタガタしないし、ずれたり

し難い!!

(この写真はピタゾーがはみ出していますので、綺麗に
 切り直しました・・・)

こんな風に使っています。!!
つっぱり棒

さてこちらは、どこの事務所でしょうか?

答えは、近日ご報告致します。

       サニー  西川
ピタゾー20:00comments(0)trackbacks(0)

pen
手づくりPOPの 両面吸着ピタゾーによる掲示
特殊吸着シート 『 ピタゾー 』 を利用したPOP掲示に使用例を

ご紹介します。

サニーの展示会出展は、手づくりPOPに『ピタゾー両面吸着』を

使用しています。

ピタゾー両面タイプPOP掲示

POPは、カラー出力をパウチ加工して、切り取って手づくりしています。

両面吸着シートPOP掲示

POPの裏側は、この様に吸着フォーム 『ピタゾー』 の両面タイプで、

壁面に貼付けています。お好みの場所に貼直し自由です。

POP掲示両面吸着

POPからも剥がして再利用出来ます。

POP掲示に両面吸着使用例

新しい別のPOP掲示に再利用(リユース)出来ます。

『壁面に穴をあけない!』 『壁を傷めない!』 という点もリユースに加え

エコの観点で、『汚さないマーカー Pencle(ペンクル)』 と共に

【 エコプロダクツ2009 】 に出展します。

三井住友銀行(SMBC)三井住友ファイナンシャルグループ(SMFG)

のコーナー(東1号館 SM−08です。)
で、マルニ株式会社のブースで

出展しています。

ご来場の際は是非覗きに来てください。

当日は販売も行っています!!

      サニー 管理者   西川
ピタゾー00:01comments(0)trackbacks(0)

pen
クリスマス 手作り鉄粉吸着シートで見本づくり
 弊社素材新製品 『糊付き鉄粉吸着シート』 で、クリスマスの飾りを

つくっってみました。

鉄粉吸着手作りシート
 

ベースに使用しているのは、サニーの新素材商品です。

鉄粉吸着手作りシート 

ひとつひとつの飾りは、裏面に磁石を施して、自由にレイアウトが

出来ます。この飾りのパーツは、手作りでも良いし、販売している

可愛いパーツを利用しても良いです。

この見本は、100円ショップで購入のものも利用しています。

鉄粉吸着手作りシート 

レイアウト替えはこのように自由に出来ます。磁石でくっつくから

鉄粉吸着手作りシート

それぞれの飾りパーツの裏はこのように磁石を施しておけば

自由にくっつきますよ。

お正月の飾りを作れば、(裏面に同じ様に磁石を貼って)

お正月の飾りにも早変わりさせることも出来ます。

クリスマス

このベースが、新商品素材 『糊付鉄粉入吸着シート』 です。

粘着面/鉄粉層(磁石がつく様に)/特殊吸着ピタゾー面 の

構造です。粘着面にお好みの生地を貼って手作り出来ます。

見本はこの場合赤い布を貼って縁に意匠テープを糊で貼付け

ています。

壁に貼って、磁石の飾りで自由にワンポイントの飾りは如何で

しょうか?勿論壁に画鋲を使わずに貼ることが出来ます。

また勿論剥がした時に壁を傷めません。

また別の手作りサンプルも追ってご紹介しましょう!また


   サニー  管理者 西川



ピタゾー00:00comments(0)trackbacks(0)

pen
クリスマス・アドベントカレンダー
 特殊吸着シート『ピタゾー』で、アドベントカレンダーを貼ってみた。

市販のチョコレート入りのアドベントカレンダーでチャレンジしてみた。

アドベントカレンダー 
比較的に軽いものでないと、固定は困難である。

実際は、ナカミを一度取り出して、壁面にしっかりと押しつけ

それからナカミを挿入し直した。

アドベントカレンダー

裏面は、両面吸着シートをこの様なサイズに切り取り貼った。

壁に貼付ける面側(写真の場合は黄色面)には、補助液を

塗布して、吸着の強度をアップさせている。

最近に、この『くっつき強化補助液』 もより強く吸着力をアップ

させるべく品質の改良を行った。

以前の2種タイプを1つに統合して、また従来の『強』タイプより

強いくっつき力を発揮している。

凹凸の面で使用する場合は、この 『強化補助液』 の塗布が、

必要となる場合が多い。

塗布の方法に関して も、HPで詳しく説明をさせて戴いて居り

ます。 塗布後に十分に乾かさないと貼る相手面(壁)に

粘性成分が残留することが有ります
のでご注意ください。

          サニー 管理者  西川
ピタゾー23:59comments(0)trackbacks(0)

pen
吸着フォーム コンクリートへの貼付テスト     その後結果
 先日ご報告の サニー特殊吸着フォームの 『くっつき強化補助液』塗布による

コンクリート面への貼付けテスト その後ご報告致します。

コンクリートへの貼付けテスト結果 

粘着テープの剥がした跡が生々しく残る その横で、
ラクスルーに 補助液をたっぷり塗って 貼って置きましたが、

剥がれ落ちる事無く、固定されていました。

『管理人さん 異物とお解りでしたでしょうが、
         放置戴きありがとうございました。』

 私の車の後ろにも色々貼っているので、きっと
 犯人は、お解りであったのでしょう・・・

コンクリートへの吸着フォーム貼付けテスト 

剥がしても跡が何も残りませんでした。

くっつき方は、強烈についているわけでは無いので

やはり重たいものの固定には、塗布する液の改良が必要でしょう。

自重(シート自体の重さ+軽い掲示物)を保持することは可能です。


以上 特殊吸着フォームの『くっつき強化補助液』塗布による貼付テストでした。


                       サニー   西川      
ピタゾー22:00comments(0)trackbacks(0)

pen
特殊吸着フォーム くっつき強化補助液                   表面の状態
 前日投稿の内容 『コンクリート面への貼付けテスト』 では
 
 『くっつき強化補助液』の効果探究に関してご報告しましたが、

 今回は、くっつき強化補助液を塗って、特殊吸着フォームの表面が

 いったい、どのような状態になっているか、

 ご紹介したいと思います。

1、【 塗布前の吸着フォームの表面状態 】
吸着フォーム 表面表面には無数の吸盤構造が存在しています。この吸盤構造が、貼った面にくっつく原理です。
この吸盤構造の発泡体は粘性も有しています。


2、【 『くっつき強化補助液』 塗布後の表面状態 】
吸着フォーム 補助液 塗布後『くっつき強化補助液』を塗布した後表面の状態は、目視では変化は認められません。

しかし粘性の成分は、発泡樹脂の成分に浸透し吸盤構造各々それぞれの表面に粘性成分の被膜を形成しています。

3、【 『強化補助液』 塗布後の 状態接触テスト 】
吸着フォーム 補助液 糊残り無塗布後(5分程度)まだ十分に乾燥する前に、表面に針の先端を接触させてみました。
少し過激に突き刺して表面に形成された粘性成分の被膜がどのようになるか試してみました。

細い糸を引いて粘性分がまた安定していない状況が視認出来る。。

4、【 表面接触後の 糊残りの無い状況 】

吸着 補助液 糊残り無接触させた物体(針の先端部)に粘性成分の付着は無い、また吸着フォームの表面は復元して元の状態に戻っていることが確認出来る。

5、【 その他 補足 】

平面に樹脂を塗布しただけでは、表面に樹脂の被膜を形成するだけで

表面の吸盤構造効果を破壊喪失させるだけでなく、

粘成分の移行(被膜の剥れ糊残り)が生じる事になってしまうが、

上記述説明の通り、

塗布した粘性樹脂が単純な表面被膜を形成しているのでは無く

細部に浸透して被膜を形成することで糊残りさせない効果を発揮させる

ことが出来る。

また加えて 『 発泡体吸着フォームの素材成分と、塗布する成分が

結合し易い関係である』ことも糊残りさせない効果を発揮させている。

この様に、
 
ゝ枷弩果で吸着する効果に加え、粘性効果でも
                 様々なものに貼付く効果を有し

加えて凹凸のある表面形状の物体にもその凹凸の形状に
    追随するように変形してくっつけることが出来効果も有する。


また貼った被着体を傷め無いのは、
剥がす際に、粘性を有する発泡体が伸びて、
吸盤効果が低下損なわれる
と共に
もともと少ない被着体との接触面積が減少させられ、
被着体を損なうことなく 剥離させることが出来る わけである。

お解りいただけましたでしょうか? (PAT申請中です。)

この 『くっつき強化補助液』 の成分を様々に調整することで

貼付けたい相手に合わせた最適の状態を実現することが出来るのである。

と考えています。

様々な事に応用され役に立てられれば嬉しいと思います。

  以上 本日のご報告でした。                 サニー 西川




ピタゾー00:00comments(0)trackbacks(0)

pen
サニー 特殊吸着フォーム              コンクリート面への貼付テスト
 今回は、独自開発素材 『特殊吸着フォーム』 に関しての
テスト状況を報告したいと思います。

吸着フォームは、現在でも改良を積み重ねて居りますが、
万能のものはなかなか実現出来ません。

追求しているのは、

1、くっつけて
2、
綺麗に剥がせる
   〜悩爐破断しない。
   剥がした面を破損させない。
   G汗の成分を貼った面に残さない。

 
これらの事を達成させようと追求し続けています。

 【 障害壁 1 】
 しかし以前のご報告にも申し上げましたが、
 くっつかないところが沢山ありなかなか実現しません。
 『珪藻土の壁』・『特殊な紙質の壁』・『布の壁』・
 『汚れ防止処理の壁紙』・『表面に細かい気泡形状を有する壁紙』
 などなどです。
 以前のブログ 
→ 『ピタゾーがくっつかない』

 
【障害壁 2 】
 また上記2−△量簑蝓貼った面の素材破損を全て防ぐことも
 なかなか出来ません。
 弱い材質の表面、劣化したプリント面、劣化している塗装面
 剥がすと破損してしまいます。

 【 対策製品 『強化補助液』 】  
 『くっつき強化補助液』なるものを提供して居りますが、
 その内容も改良検討を重ねて居ります。
 (上記障害壁2の問題は残してますが)
 
 この効果理論に関しては、
 別の投稿内容で説明しています。またご覧ください。

 色々な面への貼付けに取り組んでます。

 コンクリート面への貼付けにもトライしてみました。

 『くっつき強化補助液』を十分に塗布して
 コンクリートに貼ってみました。

 【1】この様に貼付けられ、室内であれば脱落しないで
    数ヶ月経過しています。
 ラクスルー吸着 コンクリート


 【2】剥がしてみても、
   素材の破損破断・コンクリート面への素材の移行、は有りません。
ラクスルー吸着 コンクリート
 
 【3】剥がした吸着素材面にコンクリートを破損した跡も有りません。
ラクスルー 吸着 コンクリート 剥がし

 【4】両面吸着でも試してみました。
吸着フォーム コンクリート吸着フォーム コンクリート
 地下駐車場の壁面で試してみました。
 よくあるコンクリート面です。
 上のラクスルー吸着テストで実施した面よりすこし平滑な様に見えますが、
 ザラザラで、細かいコンクリート粉が表面に残っていては、なかなか付きません。
 改良補助液を十分に塗布して、コンクリート面も軽く汚れ粉塵を拭き取ってから
 貼付けてみました。
 (両面吸着は 青い面 黄色い面 共に同じ素材です。)
吸着フォーム 掲示
サニー商品のパンフレットを入れたクリヤーファイルをくっつけてみました。
落下することなく保持されています。
(重たいものは無理ですが・・・・)

【 よく見かける状態 ( 粘着剤の残った状況) 】

コンクリート面糊残り 吸着フォーム コンクリートに貼ってみた。
いくらコンクリート面とはいえ、掲示物を貼って剥がした後に
上記の様に 『 粘着剤の残った跡 (糊残り) 』 の様子を見かけることがあります。

弊社サニー吸着素材で、『くっつき強化補助液』を十分に塗布したラクスルーのテスト片を
貼ってみました。
迷惑でなければ少しの間貼っておいて、剥がした後の糊残りも確認したいと思います。
『ご迷惑 お掛け致します。(陳謝)』

様々な面への掲示物の貼付けに応用出来ないかを探究中です。

1、室内での使用(湿気など極端で無く雨風に晒されない)の限る。
2、軽い掲示物 に限定される。

などの条件はございますが、・・・

                            サニー 西川   
ピタゾー23:00comments(0)trackbacks(0)

pen